アニメをめぐる冒険型コラム「アニメ・エンタープライズ」。

 

人は生まれ死んでいくもの。誰にでも、起こりうること。その瞬間が来ることは、受け止めなければなりません。

 

曲がり路のその先に――


画像出典:http://images-jp.amazon.com/images/P/B0016GISMO.jpg

 

高畑勲監督が、本日4月6日(金)、死去されたというニュースが日本中、世界中に伝わりました。

 

アニメや映画を追求していくうえで、高畑監督の作品に触れないということはあり得ません。

 

僕はつらいことがあった時、これから先、どうしたらいいのだろうかという時に、自分を支えてくれるアニメを観返します。

 

『赤毛のアン』もその1つです。最終話、アンが手紙にしたためる言葉1つ1つが、生きる力となって、僕の中に染みわたっていくのです。

 

以前、『ぼくの名前はズッキーニ』のトークショーを取材させて頂いたときにも、片渕須直監督やクロード・バラス監督という素晴らしいアニメ・アニメーション作品を手がける方々から、高畑監督の作品のお話を聞きました。

 

高畑監督が最期に手がけた『かぐや姫の物語』は、アニメ・アニメーションの枠を飛び越えて、これから先、1000年以上経った世界では、どんな表現で物語が描かれるのか――。その無限の可能性と創造性を感じ取りました。

 

高畑作品を観て想像した空想の力や、夢の理想世界は、何物にも奪うことができないものです。

 

何かを受け止めなければならない時はつらいですが、僕らの心の中には、アンたちがいつまでも生き続けます。

 

 

 

神は天にいまし、すべて世は事もなし。

 

 

 

高い山があること、世界にはいまだ観ぬ作品と、その作品を語れる素晴らしい友人たちがいることを忘れずに、誇りを持った仕事を続けていくだけです。

 

 

>第24回 アニメに対する知識と告知

関連キーワード
アニメの関連記事
  • 【2018年10月期アニメ感想11月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第5回
  • 『ガールズ&パンツァー 最終章』新情報に初披露ライブも! 第22回「大洗あんこう祭」『ガルパン』ステージレポート
  • 【2018年10月期アニメ感想10月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第4回
  • 【2018年7月期アニメ感想9月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第3回
おすすめの記事