アニメをめぐる冒険型コラム「アニメ・エンタープライズ」。

 

『ブリグズビー・ベア』という映画を試写で観てきたのですが、冒頭で出てくる主人公の部屋は、VHSがいっぱい収納された棚が出てきます。僕の家も、VHSがいっぱいなんですね。

VHSに価値を見出す

 

以前にも書きましたが、僕は今でこそ落ち着いていますが、VHS収集家だったんですね。

 

TVで放送されているアニメをVHSに録画しまくり、DVDへの移管期で処分されたレンタルVHSを安値で買い漁ったり。

 

1000本以上はあるわけですが、中にはVHSでしかリリースされていない作品もあるとはいえ、現在は配信やBD化されたり、観るだけなら画質もよくないVHSにあまり価値はありません。

 

もちろん、僕もDVDやBDも同じように買っているわけですが、VHSを捨てない理由は、1つに録画したアニメのCMも一緒に保存したいからです。

 

普段は見慣れたCMも、10年も経てば熟成された味わいを醸し出します。

 

たとえば、『涼宮ハルヒの憂鬱』の「ライブアライブ」回が放送された時、「God knows...」収録CDのCMも放送しているのですが、そういうその時だけの状態を保存したいんですね。

 

雑誌も切り抜かないで、そのままの状態で積むタイプなので、観る用は観る用で別途持ちつつ、VHSも置いておきたいんです。

 

何よりも、毎日毎日、VHSデッキにセットして録画したこと、レンタルビデオショップに通って、新しく売り出されていないかと確認して買ってきたVHS。

 

その行為自体を大事にしたいということですね。もう歩くスペースもないほど積まれているので、キレイごとで何とかごまかさないと、いろいろとマズいのですが……。

 

 

 

>第29回 アニメスタッフへのインタビュー続き

関連キーワード
アニメの関連記事
  • 観てくれる人に喜んでもらいたいという気持ちーー『若おかみは小学生!』高坂希太郎監督インタビュー
  • 【2018年7月期アニメ感想8月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第2回
  • 『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が本日公開! 3人の監督が語るキーワードとは?
  • 筆を使って生命を描くということ――『大人のためのグリム童話』セバスチャン・ローデンバック監督インタビュー
おすすめの記事