4月21日(土)より公開中のアニメ映画『リズと青い鳥』。

 

本作は、作家の武田綾乃さんによる小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』を原作とする完全新作映画という位置づけで、繊細な感情の機微に揺れ動く、鎧塚みぞれと傘木希美、2人の少女の物語が紡がれます。

 

本作にて、みぞれを演じた種﨑敦美さんと、希美を演じた東山奈央さんにSWAMP(スワンプ)はインタビューを行い、演じるうえで意識されたことなどを伺いました。

画面全部から感情の機微を感じ取る作品

 

――『リズと青い鳥』では、みぞれと希美の2人を中心とした物語が描かれます。初めて本作の内容を知った時はいかがでしたか?

 

東山:ついにこの日が来たんだなという感じでした。私たち2人は(TVアニメ第2期となる)『響け!ユーフォニアム2』からの参加だったのですが、1度は仲違いしていた希美とみぞれが、親しい友達に戻るというお話が描かれていて、それが2人の物語のすべてだと思っていたんです。

 

今回映画で再び2人の物語が描かれるということで、「解像度を上げるような」という監督の言葉がありました。今まで見えてこなかった、もっともっと細やかな感情が見えてきて、最初に初めて台本を読んだ時は、希美に関してはすごく驚いたと言いますか。『響け!ユーフォニアム2』では、そこのけに明るくて天真爛漫で、人から憧れられるような女の子だと思っていたのに、本作では自分の音楽の才能について悩んだり、みぞれへの想いがすれ違って行ったり。

 

真っすぐさだけじゃない希美の人間味の部分に、すごく驚きました。受け止めるのに時間はかかりましたが、本作を観ると、もっと希美のことを好きになって頂けるんじゃないかな、と思いましたね。

 

――種﨑さんはいかがでしょうか?

 

 

種﨑:初めは、みぞれと希美の物語が作られると聞いて、純粋にうれしかったです。どんなお話になっているんだろうと思って台本を読んでみたら、『響け!ユーフォニアム2』では見られなかった2人だけの瞬間、会話をしているところ、一緒にいるところが繊細に描かれていて。

 

ト書きもすごく細かく書かれていたんですけれど、TVシリーズだと(主人公の)久美子のモノローグとナレーションがあるのですが、『リズと青い鳥』には、一切モノローグがなくて。

 

東山:たしかに。

 

――言葉にはしないですが、みぞれに対して希美が「また明日ね」って言うときに、「明日があるということを嬉しいと思っているみぞれ」という心情がアフレコ台本には書かれていて、それが細かくたくさん積み重ねられていますよね。

 

種﨑:台詞もそんなに多いわけじゃないんですけれど、言っていることと思っていることが違っていたりもして。でもモノローグがないので、芝居だけじゃない、絵だけじゃない、画面全部から感情の機微を感じ取る作品なのかな、と思いました。

 

■次ページ:『リズと青い鳥』は、2人の女の子の物語

 

関連キーワード
アニメ, 映画の関連記事
  • 【2018年10月期アニメ感想11月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第5回
  • 『ガールズ&パンツァー 最終章』新情報に初披露ライブも! 第22回「大洗あんこう祭」『ガルパン』ステージレポート
  • 【2018年10月期アニメ感想10月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第4回
  • 【2018年7月期アニメ感想9月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第3回
おすすめの記事