声優として大事にしていること、支えになっていること

 

――このSWAMP(スワンプ)というメディアは、あらゆるエンターテイメントを追求している方にスポットを当てたメディアとなります。

 

今回の『リズと青い鳥』では、みぞれと希美が高校3年生となり、音楽に関連して進路をどうするのかという葛藤も描かれますが、演じられているお二方も、声優という役者のお仕事をされていて、その道を歩まれている。声優として、お2人が理想として追い求めているもの、そしてその過程で支えになっているものをお聞かせ頂けますか?

 

東山:私は元々アニメが好きでアニメファンだったんです。自分が中高生の頃、アニメに助けられていた部分が凄くあって、生きがいだったんです。今は好きなお芝居だったり、歌やダンスでお仕事をさせて頂いて、誰かの生きがいのために一生懸命表現することが、私の新しい生きがいになっています。やっぱり、追い求めるという意味で言うと、アニメはエンタメですけれど、第三次産業……?

 

――サービス業ですか。

 

東山:なんですけど! もっと第一次、第二次という命の根本にかかわる職業がいっぱいあると思うんですけれど、私にとってのアニメは、本当にそこに関わるくらい大切なものだったんです。アニメやお芝居、表現を通じて、皆さんがもっと楽しく笑顔でいられるお手伝いができたらいいな、と思います。

 

種﨑:私は、いつだったからか思い出せないくらい、本当に小さいころから、ずっとお芝居をしたいという想いがあったんです。声優になりたいと思ったきっかけとしては、『美少女戦士セーラームーン』という作品があるんですが、お芝居がしたくて、高校も東京に出なきゃと思って上京しましたし、そのために勉強も頑張りました。

 

東京に出てきてからも、養成所に入るためのお金を貯めてから、ようやく勉強がはじめられて、そして今、声優になれて。声優・役者になるための人生で、それしか考えてこなかったんです。何のためにというのが、いまだに見つけられていない状態なんですけど、ただ純粋に好きで、ずっと死ぬまでやっていたい。その気持ちしか昔も今もないんです。

 

支えになっているものは……私、自分にすごく自信がないんですけれど、自分が尊敬している人や大切に思っている人の言葉は信じられるというか。自分に自信はないけれど、その人たちの私のお芝居を好きだとか、観ていたいという言葉を支えにしてやっている、と思います。

 

何も先のことは考えられていないですけれど、自分がやったお芝居を観て、「元気が出ました」とか「こういう考え方ができました」とか、今まで原作を読んでいるときには聞こえなかったけど、アニメを観て、「このキャラクターはこういう声だったんだ」という言葉を聞けるだけで、目指してきてよかったし、これからも続けていきたいと思う毎日、日々でございます。何かを見つけたい(笑)!

 

――感動しました……! ありがとうございました。

 

 

2人の「愛の形」が描かれる『リズと青い鳥』は、4月21日(土)より公開中。ぜひ劇場で、彼女たちの奏でる音楽をお聴きください。

 

『リズと青い鳥』作品概要

『リズと青い鳥』

公開中

配給:松竹

 

【スタッフ】
原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子 / キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄 / 色彩設計:石田奈央美
楽器設定:髙橋博行 / 撮影監督:髙尾一也 / 3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:牛尾憲輔 / 音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学 / 吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会 / 配給:松竹

 

【キャスト】
鎧塚みぞれ:種﨑敦美
傘木希美:東山奈央
リズ・少女:本田望結
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
剣崎梨々花:杉浦しおり
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
新山聡美:桑島法子
橋本真博:中村悠一
滝 昇:櫻井孝宏

 

【主題歌情報】
「Songbirds」 アーティスト:Homecomings
作詞者:福富優樹/作曲者:Homecomings/編曲者:Homecomings/レーベル:SECOND ROYAL RECORDS

 

 

 

公式サイト:http://liz-bluebird.com/

公式Twitter:@liz_bluebird

 

 

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

関連キーワード
アニメ, 映画の関連記事
  • 【2019年1月期アニメ感想3月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第9回
  • 『アズレン』グッズに興奮し過ぎてプチ反省も?「AnimeJapan 2019」振り返りレポート
  • 「脚本家になりたい!」と思ったら。脚本家・金巻兼一さん&宇治田隆史さんインタビュー・後編
  • 「脚本家になりたい!」と思ったら。脚本家・金巻兼一さん&宇治田隆史さんインタビュー・前編
おすすめの記事