早くも第2回目を迎えた「アニメ・エンタープライズ」。エンタープライズ山田が綴る、古今東西のアニメをめぐる冒険型コラムです。

 

アニメでも最近は第2期、第3期と続くことが珍しくなくなりましたよね。ひと昔前、アニメで歴代シリーズが作られている作品といえば、『ゲゲゲの鬼太郎』などディケイド単位で作られていた名作に限定されていました。

 

ちなみに、『ゲゲゲの鬼太郎』は2007年放映版までに60年代~ゼロ年代まで合わせて5期、2008年の『墓場鬼太郎』も入れると6期が制作されています。

タイトルのあとに「!!」がつくアニメといえば。


画像出典:http://images-jp.amazon.com/images/P/B0077E401M.jpg

 

第2期になっても、基本的には続きになるのですが、第1期と差別化するためにタイトルだけ微妙に変更するケースが多々あります。代表的な例をあげると、2009年に第1期が放送され、2010年に第2期タイトルを『けいおん!!』としたもの。第1期が『けいおん!』なので、「!」マークが2つになって2期目という表現に。ですが、第2期で「!!」としたアニメとして、エンタープライズ山田が最初に思い浮かべるのは、タイトルにもある『ひまわりっ!!』なのです。

 

2006年4月に第1期『ひまわりっ!』が放送され、2007年1月より第2期『ひまわりっ!!』が放送されました。これを両方観ていたので、『けいおん!!』のタイトル発表時、「あ、ひまわり方式のタイトルなのね」と思った記憶があります。

 

しかして、『ひまわりっ!』と『ひまわりっ!!』ですが、いわゆるマイナータイトルです。ヴィットリオ・デ・シーカ監督の『ひまわり』は大名作ですが、こちらは失礼ながらドマイナーかもしれません。アニメ業界の方やアニメ好きの方と、この10年間数々のアニメ話をして来ましたが、話題に上がったことが1度もありません。このコラムを書いてやっと知っている人と話せたレベルです。

 

それもそのはずで、第1期が放送されていた2006年4月は、特にテレビアニメの本数が過剰だった時期。同期では『涼宮ハルヒの憂鬱』や『ブラックラグーン』、『桜蘭高校ホスト部』といった秀作傑作も生まれていましたが、とにかく数が多くて録画して観るのもたいへん。なるべく放送しているテレビアニメを録画して視聴しようと、当時はVHSデッキを5台くらい駆使していました。ちなみに高校生のころです。振り返るとなかなかにマニアックですね。

 

「YouTUBE」や「GYAO!」といった配信サービスもあるにはあったのですが、まだ過渡期でネット回線も今ほど使い勝手がよくなかったので、テレビのプライオリティーが高かった最後の時代といえるでしょう。

 

さて、まったく『ひまわりっ!』本編の話をしていませんが、全話観ているもののそこまで印象に残っていない作品だというのが正直なところ。オリジナルの忍者学園ものですが、ヒロインのひまわりを演じていた松本華奈さんも、結局ほぼこの作品だけで芸能活動をやめてしまったようですね。白石涼子さんの歌う主題歌と、吉田真弓さん演じるヒメジの口癖「~でありんす」は、記憶の片隅に。

 

こういったマイナー作品も、歴史の中に埋もれてしまうのはもったいないので、出来る限り掘り下げていきたいところです。有名じゃないけど見ていたアニメ、皆さんだったら何を思い浮かべますでしょうか?

 

>次コラム

第3回 『涼宮ハルヒの憂鬱』と兵庫県

関連キーワード
アニメの関連記事
  • 【2018年10月期アニメ感想11月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第5回
  • 『ガールズ&パンツァー 最終章』新情報に初披露ライブも! 第22回「大洗あんこう祭」『ガルパン』ステージレポート
  • 【2018年10月期アニメ感想10月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第4回
  • 【2018年7月期アニメ感想9月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第3回
おすすめの記事