脚本家になるにはどうすれば?

 

ーー脚本家になるための選択肢の1つが、映画美学校に通うということになりますが、プロになるための道筋としては、ほかにどのような方法がありますか?

 

宇治田:実はそれほど選択肢がないですね。

 

金巻:「監督と友達だったから」というケースもありますね。僕には渡邉由自さんという師匠がいるのですが、脚本家デビューのきっかけは持ち込みでしたから。

 

ーー基礎は学校で学ぶことが多いですか?

 

金巻:僕の場合は実践型でしたね。書き方などの基礎的なことはシナリオセンターで身につけましたが、その先は師匠に習作を見せては「アホ」と付き返されながら……。

 

宇治田:僕も書式だけは大学で習いましたけど、それ以降の技術的なことは完全に実践的な独学なんです。

 

金巻:基礎さえ身についてしまえばあとは独学でも構わないんですが、現場に通じる書式がちゃんとわかっていないと、たとえどんなにいい感性を持っていても使いモノにはならないんです。

 

——共通のフォーマットがあるのでしょうか。

 

金巻:実写やアニメで多少のバリエーションはあるにしても、基本は一緒です。初心者の人なら「月刊ドラマ」や「月刊シナリオ」を読むことをオススメします。一番オーソドックスなスタイルのシナリオが掲載されていますから。

 

宇治田:あとは自分の思っていることが「どうやったら人に伝わるんだろうか」と試行錯誤しながら、ひたすら改良を加えて行く。脚本を書いていると、どうしても「なんでわからないんだ!」という思いに駆られますからね。

 

金巻:「読めないやつが悪い」と思ってしまううちは、所詮アマチュアなんです。心の中でそう思っていても、「それなら伝わるように書いてやる!」と思えるかどうかが、プロとアマチュアの違いと言えますね。

 

ーー先程のオープンスクールでも、「常に新しい目で自分が書いた脚本を読み返せるのがプロなんだ」とおっしゃっていましたよね。

 

金巻:高橋さんが説明されていた「集中力を最後まで持続させる」ということが、プロの脚本家のすべてだと思います。読み流してしまう人は、たとえプロになっても長続きしないので。

 

宇治田:何度も読んでいると飽きちゃうんです。でも自分で読んでいて飽きてくるということは、つまりダレる箇所がどこかにあるということ。それを探し始める作業こそが、重要になってくるんです。

 

ーーいざ脚本家としてデビューしたあと、実際にはどうやって食べていくのか、というところもとても気になります。お2人は駆け出しの頃はどうされていたのでしょうか?

 

 

金巻:最初の頃は今思えば、かなり押し付けがましいアプローチをしていましたね。僕は東映アニメーションの『ゲゲゲの鬼太郎』(第3期)でデビューしたのですが、そのあとプロットを出しても通らなくて、仕事が途絶えてしまったんです。それで黙って待っていても何も起こらないので、『ゲゲゲの鬼太郎』でメインライターを担当されていた星山博之さん(『機動戦士ガンダム』チーフライター)が行きつけの喫茶店に通い詰めて、挨拶だけで存在アピールしていたところ、半年後くらいに再びチャンスが巡ってきたんです。星山さんが「もう一度だけチャンスをやったらどうか」とプロデューサーに言ってくれて。

 

でも正直、嬉しい気持ちよりも「ここでしくじったら今度こそあとがない」という崖っぷち感の方が強くて。だから、脚本の直しを見せにいくタイミングで頼まれてもいないプロットを勝手に持ち込んで、その結果、最終的には多くの話数を担当させてもらえたんです。

 

ーー地道な努力が実ったんですね。

 

金巻:それでやっていくうちに、徐々に知り合いが増えていって現在に至ると。とにかく自分から積極的にアプローチをしていかないと、新人なんて覚えてもらえないですから。椅子取りゲームの椅子は常に埋まっていて、その座を狙っている人たちがさらに何周もとり囲んでいるわけです。その状況下で生き残っていくためには、いま自分が何をするべきかを考えなきゃいけない。TVの場合は、特にそういった雰囲気がありますから。

 

ーー宇治田さんの場合はどうでしたか?

 

宇治田:僕の場合は、目の前のことをただ黙々とやっていただけです。

 

金巻:でも、その1本1本を「おっ?」と思って気にかけてくれたスタッフがいたからこそ、仕事が続いているということですよね?

 

宇治田:僕みたいなクソ生意気なやつがいられるのは、つまりそういうことになりますね。

 

ーー「クソ生意気」というのは、かつてはいまより尖がっていたということですか?

 

宇治田:「尖っていた」というと聞こえがいいですが、僕の場合はただクソ生意気だっただけです。

 

金巻:でも、若い頃はみんなきっとそうですよ。そのくらいじゃないと、生き残っていけないから。「憎まれっ子世に憚る」とはよく言ったもので、大人しくて誰の言うことも聞く人って、結局すぐに居なくなっちゃうんです。

 

 

宇治田:僕の場合は「聞かなさすぎ」ですからね(笑)。

 

金巻:そういう宇治田さんが見たかったな。

 

一同:(笑い)。

 

ーー宇治田さんのように、言うことを聞かなくても続けられるコツとは?

 

宇治田:いやいや、言うことは聞くべきです。無駄に喧嘩なんかしない方がいいですから。でも真面目に、自分とは異なる意見があって自分は絶対でないと知るのはいいこと。

 

金巻:でも宇治田さんみたいに、もともと尖っていた釘をもっと尖らせようとする人って、結局は自分のプライドを背負うことになるんです。ちゃんと書けるようにならないとプライドが保てないから、結局努力するんですよね。恰好付けているだけではダメなので。

 

宇治田:最初から素直に「はい」って言いたいんです。

 

金巻:若いうちは自分に余裕がないですからね。言われたことにあとから気づくことも多くて。

 

ーーずばり、脚本家に一番必要な素質とは何でしょうか。あるいは素質がなくても「これができれば続くんじゃない?」という秘訣のようなものはありますか?

 

金巻:脚本家の中には営業活動に勤しむ人もいますけれど、結局のところ、所詮そういう人はそういう扱いしかされないんですよね。人望を持たない脚本家になってしまうので。プロデューサーの言いなりになって安定している人たちを僕は山ほど知っていますが、どんなに作品にファンがついても、そういう脚本家たちの名前は覚えてもらえないんですよ。ファンは正直なので。

 

ーーなるほど。

 

金巻:言われた通りに書いた作品って、結局ヒットはしないんですよね。逆に「あの監督とは現場でやたら喧嘩したけど、いいもの作れたよな」って思えるものは、何十年経っても生き続けていたりもするんです。この前ちょうど『エルドラン』シリーズ※1 という、30年近く前に手掛けた作品のトークイベントに出演したのですが、それだけ昔の作品でもいまだにファンが集まってくれるんです。

 

僕も当時は相当暴れていたので、現場から「なんだあいつは!」と言われ続けていたらしいのですが、こだわりをもって闘ってきただけなので、だからこそいまだに細部まで覚えていてくれるファンがいる。

 

※1『絶対無敵ライジンオー』『元気爆発ガンバルガー』『熱血最強ゴウザウラー』を中心としたロボットアニメシリーズ。90年代を幼少期として過ごした男の子にとって、『勇者』シリーズと双璧をなす思い出の作品だ。

 

ーー監督・脚本を1人で手掛けられている方もいますが、お2人は脚本家が入ることによって、どのような利点があると思われますか?

 

宇治田:全てを1人きりで担うと自己模倣に陥りがちで、絶対にどこかで限界が来るんですよ。そう考えた時に、やっぱり脚本家がいたほうがいいんじゃないかな、と僕は思いますね。これは逆に脚本家にも言えることではありますが。

 

ーー逆に脚本を書いているうちに「せっかくなら自分で撮りたい!」とはならないのでしょうか?

 

宇治田:僕は現場が嫌いなので、そうはならないですね(苦笑)。

 

金巻:本当の脚本書きになっちゃった人って、現場に向かないんですね。

 

ーー何が違うんですか?

 

金巻:よくわからないんですが、僕はドラマCDで何本か演出しているんですけれど、やったあと必ず「やらなきゃよかった」と思うんです。それはきっと産んだあと育てていく行為に興味がないから。僕はあくまで生み出すのが好きなんです。出来の悪いパンダのお母さんと一緒です。ものすごく苦しんで子供を産むんだけど、産み落としちゃったらそのあとは興味がない(笑)。

 

ーーだから結果に対して思うところがあったとしても、口出しはしないというわけですね。

 

金巻:あとは監督と現場の人たちのものですし。今度はそちら側がクリエイターになる順番なだけで、こちらの方が偉いといったようなことは、まったく思っていないです。

 

宇治田:そうですか(笑)。

 

金巻:思った方がいいですか(笑)?

 

宇治田:僕はクソ生意気なやつですから(笑)。

 

ーーちなみに、宇治田さんが丸くなったきっかけはなんですか?

 

宇治田:誰だって喧嘩はしたくないですから。

 

金巻:素面で喧嘩するわけですからね。

 

宇治田:「すみません、あのとき酔っていたもので……」とは言えないので。

 

ーーたしかに(笑)。喧嘩するにもパワーが必要だから、年齢とともに省エネになっていくわけですね。

 

金巻:でも今は昔ほど「喧嘩しながら作っている」という現場の話を、あんまり聞かないんですよね。昔は脚本に限らず、どのパートでも喧嘩しながら作っていたものですが。

 

宇治田:最近は「ピリピリしていると次の現場に呼ばれない」っていうことにもなりかねない。

 

ーー今は和気藹々とやったほうがいいものができると。

 

宇治田:和気藹々としているんですかね。

 

ーー本音を言い合ってない、ということですか?

 

金巻:それはきっと、我慢しながら妥協しているだけですよね。

 

ーー本気でやっていたらぶつかることもある。

 

宇治田:と、思いますけどね。

 

金巻:まず価値観の違う人たちが集団でものをつくるんですからね。そのすり合わせをするために喧嘩していたというだけなので。マァ、中には喧嘩したくて喧嘩しているプロデューサーもいましたけどね(笑)。

 

 

◆次ページ:映画美学校での講義に関して

 

関連キーワード
アニメ, 映画の関連記事
  • 【2019年1月期アニメ感想3月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第9回
  • 『アズレン』グッズに興奮し過ぎてプチ反省も?「AnimeJapan 2019」振り返りレポート
  • 「脚本家になりたい!」と思ったら。脚本家・金巻兼一さん&宇治田隆史さんインタビュー・後編
  • 「脚本家になりたい!」と思ったら。脚本家・金巻兼一さん&宇治田隆史さんインタビュー・前編
おすすめの記事