皆さんごきげんよう、ライターの永田多加志です。去る3月23日(土)から26日(火)に、東京ビッグサイトで「AnimeJapan 2019」が開催されました。私はパブリックデイ初日である23日に参加しましたので、当日の模様を振り返りレポートにてお届けしましょう。

 

ところで、「AnimeJapan 2019」のテーマは「ROCK」なのですが、その理由はご存じでしょうか? スバリ、開催が6(ROCK)回目だから。……嘘じゃありません。公式サイトの開催概要にちゃんと書いてあります。そんな主催者サイドからして楽しんでる感のある本イベント。はたして、いかなるものだったのか? それでは、「AnimeJapan 2019」という名のSWAMP(スワンプ)へ、レッツダイブ!

 

 

入場するとさっそく、アニメの巨大タペストリーが我々を迎えてくれました。扱われているのは、今年劇場公開を控える『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』や、春の新番組である『鬼滅の刃 兄妹の絆』や『ぼくたちは勉強ができない』などのホットなタイトル。俄然、テンションが上がってきました! さて、何から見て回りましょうか。

 

 

……もし私やSWAMP編集長・加藤真大氏の趣味を知っている奇特な方がおられたら、「いきなりかよ!」と突っ込んでくれるかもしれません。我々が引き寄せられるように向かったのが、こちら。実在の艦船を擬人化させたスマートフォン向けゲームで、TVアニメ化も決まった人気作『アズールレーン』(アズレン)のグッズなどを扱っている「TOYPLA」ブースです。「アズールレーン ポップアップストア in AKIBA」の告知看板の下ではガシャポンができるようなので、さっそくやってみました。

 

 

最初は加藤編集長が挑戦です。自身のペンネームがエンタープライズ山田ということで、空母・エンタープライズへの思い入れが強い編集長。はたして、その結果は……。

 

 

引き当てたのは軽巡・クリーブランド。その男前っぷりから「アニキ」と慕われる人気キャラです。狙いとは違いましたが、編集長も「これはこれで」と満足そう。

 

※編集長注:クリーブランドのアニキは第二艦隊に編成してLv114。ちなみにエンタープライズは第一艦隊でLv120。伊達にエンプラ山田と名乗ってませんよ。

 

 

続いて、私の番です。ハーレム指揮官を自負する身としては、誰が来ても嬉しいもの。結果は戦艦・ウェストバージニアでした。指揮官に対して少し厳しい面はあるものの、誇り高き「ビッグセブン」の一員。そういえば、我が艦隊ではあまり活躍の場をあげていなかったので、これを機に育ててみることにします。

 

 

ツーショットで記念撮影。同じユニオンの所属艦ですが、あまり見られない取り合わせということで、なかなか貴重な1枚になったのではと。素敵な思い出ができて、良かった良かった。

 

◆次ページ:『FGO』でコスプレイヤー&展示&宝具をチェック!

 

関連キーワード
アニメ, イベントの関連記事
  • 【2019年1月期アニメ感想3月篇】オタクライター・永田多加志のアニメ鑑賞はビールとともに!第9回
  • 『アズレン』グッズに興奮し過ぎてプチ反省も?「AnimeJapan 2019」振り返りレポート
  • 「脚本家になりたい!」と思ったら。脚本家・金巻兼一さん&宇治田隆史さんインタビュー・後編
  • 「脚本家になりたい!」と思ったら。脚本家・金巻兼一さん&宇治田隆史さんインタビュー・前編
おすすめの記事