4月28日(土)より公開される『ザ・スクエア 思いやりの聖域』こちらの記事でもお伝えしたように、北欧・スウェーデンを舞台に、思いやりや表現に関して、観る人の心に問いかける意欲作です。

 

4月12日(木)には、本作のイベント試写会がスペースFS汐留にて開催され、スウェーデン出身で日本に帰化された「イケメン庭師」として話題の村雨辰剛(むらさめたつまさ)さんが登壇。

 

日本とスウェーデン、両方の文化を深く知る村雨さんから、本作の魅力とそれぞれの文化に関して、トークが繰り広げられました!

 

日本から見たスウェーデン、スウェーデンから見た日本

 

庭師の衣装に身を包んで登壇された村雨辰剛さん。まずは『ザ・スクエア 思いやりの聖域』の感想を「日本から見たら福祉社会の印象がスウェーデンにはあると思います。しかし、その実際の問題をインパクトを持ちつつ、面白くしつつ取り上げている作品です」とコメント。ほかの国の文化を垣間見れるというのも、映画の魅力ですね。

 

村雨辰剛さんの生い立ちについても、ご本人の口から語られます。

 

村雨「小さい頃から、違う環境・文化に飛び込みたいと思っていました。歴史も好きだったので、長い歴史があるアジアの中から、孤立していた時期があるからこそ、独自の文化を持っている日本に興味を持ったんです。

 

始めのうちは自分にできることを仕事にしていたのですが、日本に慣れてきたときに、自分のやりたいことを仕事にしようとしました。日本の徒弟制度、親方や師匠という存在がいる現在の庭師の仕事に就いたんです」

 

帰化された際の日本名は、親方のお父様に付けてもらったとのこと。「今で見てきた名字の中で印象に残っているものということで、付けてもらいました。名前は、自分が辰年生まれということと、親方の剛という名前を頂いて、タツマサとしたんです」と村雨さん。

 

 

日本の良いところに関しては、「毎日和風庭園と関わって、綺麗な形で残っているのは思いやりの心の現れだと思います」と回答。映画の題名にも付いている「思いやり」について、「日本でたくさん感じることがあるのですが(庭師の仕事をしていると)10時と3時にはお茶を出してくれて、休んでくださいと言われるんです」とご自身のお仕事にまつわるエピソードが話されました。

 

さらに、実際に庭師の仕事をされて気付かれた日本の魅力について「本当に長い歴史があって、基本に忠実になって日本らしい文化を守って来られたことで、『わびさび』といった海外と全く違った美意識表現がある。素晴らしいです」と、異なる文化を知るからこそのお言葉も!

 

逆に違いに関しては、「スウェーデンでは仕事の場に、赤ちゃんがいるのも当たり前なんです。社会的に許されているので、それも女性に対する思いやりじゃないかなと思います」とコメント。

 

 

実際の映画でも、会議シーンで赤ちゃんを抱える男性が登場。何気ないシーンから、その国の文化や実情を感じ取れます。

 

本作の冒頭では、主人公が街中で助けを求める人に、悩んだのちに手を差し伸べるシーンが。スウェーデン人の特徴として、村雨さんは「冷たいわけじゃないですが、距離感を大事にしているんです」とコメント。日本人と近いところがあるんですね!

 

 

 

最後に、本作をこれからご覧になる方へメッセージ。

 

村雨「ブラックで包まずにそのまま表現する、スウェーデン映画らしい作品です。ストックホルム宮殿などの名所も出てきますよ」

 

フォトセッションでは、本作をイメージしたスクエアの枠を持たれての撮影も。こちらは観客の皆さんも撮影可能で、多くの方が撮影されていました。

 

日本とスウェーデン、2つの異なる文化と、だからこそ見えてくる人間の共通点。映画を通じて、それらをぜひ見つめてみてください!

 

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』概要

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

 

4月28日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、立川シネマシティほか全国順次公開

 

 

© 2017 Plattform Prodtion AB / Société Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

 

公式サイト:www.transformer.co.jp/m/thesquare/

関連キーワード
映画の関連記事
  • 74分ワンカットで描く青春譚『アイスと雨音』 松居大悟監督とMOROHAのトークショーを特別公開!
  • 『最初で最後のキス』主演・リマウさんインタビュー 「この映画の良いところは、映画が観た人のものになるということ」
  • 『海を駆ける』深田晃司監督インタビュー後編 「いい映画とは、鏡のような映画」
  • 『海を駆ける』深田晃司監督インタビュー前編 深田監督が語る「演劇詐欺」とは?
おすすめの記事