直木賞作家の道尾秀介さんの原案をもとに、劇団も主宰する戸田彬弘監督が、津田寛治さんと駒井蓮さんを主演に迎えて撮リ上げた映画『名前』が、6月30日(土)より公開中。

 

このたびSWAMP(スワンプ)では、会社の倒産後、茨城県で複数の偽名を使って暮らす謎めいた主人公「中村正男」を演じた津田寛治さんに、単独インタビューを行いました。

 

北野武監督の『ソナチネ』で映画デビューを飾って以降、眼光鋭いヤクザから、サスペンスドラマの犯人や刑事、そして気のいいサラリーマン役など、幅広い役柄を演じてきた津田さんが分析する「正男」像。そして「映画に救われた」という津田さんが語る、興味深い役者論――。前後編でたっぷりとお楽しみください。

 

「人は何十、何百もの多面体のサイコロみたいなもので、出た目だけで簡単に判断できないんだよ」

 

――『名前』を観させて頂いたとき、原案が道尾秀介さんというのもありますが、謎解きの要素が多くて、最後まで「一体どっちに転ぶんだろう?」とドキドキしました。

 

津田:へぇ~、そうなんですね!

 

――駒井蓮さん演じる主人公の笑子が、『トルコ行進曲』のメロディを口ずさむシーンもところどころ出てきて、「これは何なんだろうな」と観客の立場としては、ちょっとずつヒントをもらいながらお話が進んでいく感じがして。

 

津田:たしかに、そういう感じはありましたね。

 

――特に、笑子が学校で演劇部に入って、舞台の練習をする場面が始まってから、雰囲気がガラッと変わって、一気にアクセルがかかるというか。津田さん演じる正男と、女優Cと女優Dに成りきってセリフ合わせをするところも、すごく面白くて。映画と演劇の要素を両方楽しみつつ、最後に正男と笑子の関係性が明らかになるという感動もある。すごく観応えのある作品だと感じました。

 

津田:ありがとうございます。そういう風に「道尾さんならでは」とおっしゃった方は初めてです。

 

――えぇ!? 本当ですか?

 

津田:そういう推理的な要素も入っているんですよね。

 

――脚本は守口悠介さんが手掛けられていますが、ちょっとミスリードされる部分もあって、物語に引き込まれる感覚が、この作品の魅力になっているかと。

 

津田:実は監督も、それをちょっと意識しているんですよ。だから時間も巻き戻してみたり。

 

――それぞれの「名前」で章立てされているのも、興味深くて。特に、津田さん演じる「中村正男」が、「人は何十、何百もの多面体のサイコロみたいなもので、出た目だけで簡単に判断できないんだよ」って、笑子に話す場面が印象的だったんですが、津田さんご自身も正男と同じように考えていらっしゃいますか?

 

津田:そうですね。俳優をやる上ですごく思うのは、世間一般の人も、みんな演じているっていうことなんです。それは僕自身もそうで、こうしていまお話ししているときでも、やっぱり多少は演じているでしょうから。

 

――なるほど。

 

津田:俳優が普通の方のお芝居をやるときは、「演じている人を演じている」という入れ子状態になると思うんですよね。そういうところが、この映画は際立った作品になっているんじゃないかな。正男っていうのは、口でそうは言っているけど、結局そこで自分もしくじっているんじゃないかと思うんです。

 

「人は多面体で出来ている」っていうところにうまく追いつけなくて、結構しくじった経験もあるんじゃないかなっていう気がする。そこの「繊細さ」に気付けなかった……って言うんですかね。

 

――あぁ、なるほど。逆に自分がそこで失敗して……。

 

津田:そう。その結果、茨城でああいう生活をしていて、笑子に対して思わずポロっと言ってしまった、みたいなところがあるんじゃないかな。

 

――たしかに、「他人を演じるのって楽しいね」という笑子に、正男は「楽しいことあるかよ、俺は別に好きでやってるわけじゃないんだよ。必要に駆られてやってるの。大人っていうのは時には見栄とか体裁とか、いろんな装いが必要なんだよ」と映画の前半では答えるものの、中盤では「でもなんかさ、(モデルハウスのアンケートで)適当に書いた鈴木太郎の方が本当の俺で、いまこうしている俺は偽物なんじゃないかって、そんなこと思っちゃったんだよな。鈴木太郎には温かい家族がいて、幸せな生活があって」と吐露しています。

 

津田:そうですね。だから「探せば探すほど、本当の自分なんていうものは、存在しないんじゃないか」っていうところに辿り着いてしまうんだろうな、という気がしますね。結局、所詮人っていうのは、他者とのコミュニケーションで存在しているものなので、「あの人は100%明るい人だ」っていろんな人が言えば、「その人」自身本当は暗い人でも、やっぱり明るい方が「その人」になってしまう。本当の「その人」っていうものは、危うい定義だなと。そこにやっぱり正男は、行きついたんじゃないかなっていう気がします。

 

――なるほど。

 

津田:まぁ、そんなに哲学的には考えてはいないんでしょうけれど、ただ、生きづらさの結果として、いろんな人を演じることになってしまったということなので、それは決して、楽しくて演じているわけではない。という気持ちが、正男の中にはあるんだろうなと思うんですよね。

 

――その一方で、高校の演劇部の部長が「演技って本当の自分があって初めて演じられるの」と笑子に諭す場面がありますよね。

 

津田:あれ、面白いですよねぇ。

 

――役者さんって、そもそもそのような教えを受けて演じていらっしゃるものなんですか?

 

津田:あれはやっぱり、『名前』の中に横たわっているテーマに、ちょっと反しているところだと思うんですよね。

 

――津田さんご自身は、その考え方についてどう思われますか? いままでのお話を伺う限り、「本当の自分なんてないんじゃないか」ということになりますよね。

 

津田:そうですね。僕はそういう視点で正男のキャラクターを作っていきましたけれど、監督ご自身が演劇の演出もよくやられている方なので、ああいう風に演出を付けるシーンがひょっとしたら過去にあったのかもしれないし、役者同士で呑んでいて、そういう話題が出たのかもしれない。いずれにしても、監督ご自身が、本当の自分とか、俳優の持っている素の自分をどう思われているのかな、というのは、ちょっと気になりますけどね。

 

――ぜひ伺ってみたいです。

 

津田:そうですよね。

 

――きっとそれは、役者という職業に限らないのかもしれないですし。もっと言うと「本音で生きている人って、どれだけいるんだろう?」という話でもありますよね。それがたとえ、家族の前であっても。

 

津田:そうなんですよ。それを果たして「本音」って証明できるのかって考えると、すごく堅苦しくて難しい話になっちゃうんですよね。しかも、人のやっかいなところって、無意識があるところなんです。じゃあ無意識こそが本当の自分なのかって言ったら、それはやっぱり違う。でも、意識的に何かをやるっていうことは、実は無意識に相当操られているっていうような話もあるじゃないですか。そうすると、「無意識なのか、いや、これは明らかに自分ではない。じゃあ、意識しているのが本当の自分だとしたら、でも、これは完璧に作られている」……ってなった時に、もう何もかも見失うなっていう感じがありますよね(笑)。

 

――結局、答えはないですからね。ただ、この映画においては、笑子は演じることで自分自身を初めて発見していくというか、いままで見失っていたものを掴んでいく中で、すごく生き生きとしてくる様子が、スクリーンから伝わってきたんですよね。

 

 

津田:やっぱり、笑子は自分を見失っているんですよね。その見失っている感じが、大人っぽくも見えたりするんでしょうけれど。実際の自分とは全くかけ離れた、『楽屋』という清水邦夫さんの戯曲の女優Dという役を与えられた時に、「あ、これが本当の自分でいいんだ」と気づいて、そこにスパーンと逃げ込むことが、心地よかったんじゃないかな。

 

――なるほど。

 

津田:でも、その心地よさにハマっていると、今度は先輩から「本当のあなたが見えない」と言われてしまう。笑子にしてみれば、役を与えられてやっと本当の自分になったのに、「本当の自分を出せ」と言われることで、また混乱してしまう訳なんです。そういった複雑な入れ子状態が、すごく面白いなと思ったんですよね。つまり、ほかの演劇部の部員は、まず素の本当の自分があって、それと相対的に役を演じているのに、笑子だけは与えられた役を本当の自分と定義づけることによって、初めて安心できたっていう。きっとそういうところだったんだろうな、という気がしますね。

 

――たしかに。そこが正男とは対照的で、作品の面白さにつながるポイントなのかもしれませんね。笑子との会話で、「おじさん、俳優に向いてるんじゃない?」と言われるシーンがありますが、正男は「バカな見栄ばっかり張って、内心いつも冷や冷やして愚かだよ」と返しています。

 

津田:それはきっと、正男の想いなんでしょうね。演技っていうのは、もっと冷静に楽しく、役柄を見つめて、それを研究しながら自分と相対的に演じるものだけど、俺のやっていることは全然違うんだっていうことを言っているんだろうな。正男の場合、自分を見失った結果としてそうなっていて、決してそこから再生しようともせず、その状態を放置しているだけだと思うんですよ。

 

――でもきっと、どこかで中村正男を背負わなくて済む、という部分もある気がします。

 

津田:そうなんですよね。解放はされている状態なんですよね。要は潔癖症だったら、部屋も綺麗にしなきゃいけないというわけでもないので。

 

――確かに! ごみを捨てた後、正男が必死に手を洗っているのは気になりました。

 

津田:そう。潔癖なんだけど、部屋はあれだけ散らかり放題になっている。

 

――矛盾があるようですが、人間ってそういうところがありますよね。

 

津田:そこは放置している状態なんだろうな。

 

――この映画は、笑子役の駒井さんを始め、演じられている方も皆さん本当に素晴らしいですよね。

 

津田:きっと数年後に観たら、「すごいメンバーが出ていたな」って思う映画になると思いますね。ベテランの筒井真理子さんも素晴らしい演技を披露されていらっしゃいます。あと、撮影監督の根岸憲一さんが素晴らしい。(手がけられた『淵に立つ』が)カンヌで賞も獲られている方なんですけれど、やっぱり「このすごさって世界共通なんだ」って思いましたね。

 

――そう思われた具体的なエピソードはありますか?

 

津田:いや、本当にすごいんですよ。この予算の映画じゃ無理なんじゃないかって思うようなことでも、40分後には無理難題をちゃんと形にしているんですよ。あれだけの巨匠があれだけ働いているっていうのは、もうパッション以外の何物でもないなっていう。

 

――まだまだ現場で学ぶことって、あるんですね。

 

津田:(現場に)無いものは提供するし、自分が持っていなくても、あるものはもらうっていうことを、根岸さんご自身も精力的にやられているのを間近で見て、勉強させてもらいました。僕も根岸さんを目標に頑張らなきゃなって思いますね。

 

 

インタビューは後編に続きます。後編では、さらなる津田さんの役者論をお楽しみください。

 

 

■後編はこちら

 

■『名前』概要

 

『名前』

配給:アルゴ・ピクチャーズ

6月30日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開

 

 

津田寛治  駒井蓮

勧修寺保都 松本穂香

内田理央 池田良 木嶋のりこ 金澤美穂

比嘉梨乃 真広佳奈 小槙まこ 戸畑心

柿本朱里 アベラヒデノブ 田山由起

竹下かおり 信國輝彦 松林慎司 稲荷卓央

波岡一喜 川瀬陽太 田村泰二郎 西山繭子

筒井真理子

 

監督:戸田彬弘 原案:道尾秀介 脚本:守口悠介 製作統括:井川楊枝 プロデューサー:前信介 企画協力:狩野善則

音楽:茂野雅道 撮影:根岸憲一  録音:鈴木健太郎 MA:吉方淳二

音響効果:國分玲 助監督:平波亘 制作担当:森田博之 スチール:北島元朗

主題歌:「光」DEN(谷本賢一郎×道尾秀介)

制作プロダクション:グラスゴー15

企画・制作:一般社団法人茨城南青年会議所

製作:MARCOT/GLASGOW15/チーズfilm/ムービー・アクト・プロジェクト

【2018/日本/カラー/5.1ch/114分】

 

 

公式サイト:https://namae-movie.com/

 

 

©2018映画「名前」製作委員会

 

関連キーワード
映画の関連記事
  • 観てくれる人に喜んでもらいたいという気持ちーー『若おかみは小学生!』高坂希太郎監督インタビュー
  • 「僕が一番共感できたのは、彼女が脚本を書こうとしている同志であったということ」『500ページの夢の束』ベン・リューイン監督インタビュー
  • どこから来てどこへ行くのかを問い続けるーー『いのちの深呼吸』で向き合う人の「心」
  • 「すべての市民が主人公になる。そんな映画を作りたいと思いました」『1987、ある闘いの真実』チャン・ジュナン監督インタビュー
おすすめの記事