「本当に止まっていたら何も始まらないっていうのは、ずっと思っていたんです」

 

――ご自身が辛い時期に支えになったのも、やはり映画ですか?

 

津田:映画ですね。映画の仕事がしたくて東京に出てきて、一時小さな芸能事務所に入っていた時期があったんですが、「お前、現場に行ったらちゃんと挨拶するんだぞ」とか言われながらエキストラみたいな仕事に行っていて、帰ってきたら「お前、ちゃんと監督に挨拶できたか?」って、いろいろ言われたりしていて。

 

ふと振り返ると、自分は全然映画も観ていないし、マネージャーさんに「何か最近面白い映画ありましたか?」って聞いたら「お前、俺には映画なんか観ている暇ねぇんだよ」って言われて、「あ、この人も観てないんだ」って。

 

全く映画を観ていない自分が、全く映画を観ていない人と、「いったい何の仕事をしているんだ?」と。現場に行って挨拶をするためだけに、この仕事始めたわけじゃないんだと思って、いっぺん事務所も辞めて、ただただ映画を観るだけの生活をやってみたんです。

 

――へぇ~!

 

津田:そうしたら、自分の好きな監督が沢山見つかって。せっかくフリーなんだから、その監督のところに直談判に行こうって思って、その監督の所属事務所を調べては訪ねて行って、居なければプロフィールを置いて。居ればお話するんですけど。

 

――そういう時って、どんなお話をされるんですか?

 

津田:やっぱり自分の好きな監督に、好きな映画の話をするわけだから、いくらでも話が出来ちゃうんですよね。自分の本当の言葉で。そうするとやっぱり気持ちは伝わるから、監督も「じゃあ、お前、今度俺のオーディション来るか?」ってすぐになるんですよね。「いつかは映画のオーディションを受けてやる!」って思いながら、TVのエキストラの仕事をずっとやっていたのに、一旦全部辞めた途端、「こんな近くにあった!」っていう経験をしたんです。

 

――それがあの有名な、北野武監督との出会いのエピソードに通じるわけですね。

 

津田:そこに繋がりましたね。そこが、辛いところから楽しいところにふっと切り替わった瞬間ではありましたね。

 

――やりたいことがあったら、自分から行くようになったんですね。

 

津田:なんかやっぱりね、本当に止まっていたら何も始まらないっていうのは、ずっと思っていたんですよ。役者ってお座敷稼業だから、みんな仕事待ちしちゃうんですよね。でも、まわりがみんな止まっているから、俺が動けばそれだけ人とは違う展開になるかもっていうのは、なんとなく思っていました。

 

――それで実際やってみたら、手ごたえがあって。

 

津田:そう。意外と簡単だっていう。もっといばらの道かと思っていたら、こんな簡単に結果が出ちゃうんだっていうのは、ありましたね。

 

 

いかがでしたか? 津田さんの飾らない人柄と、心の底から映画と物語を愛している様子が、インタビューの端々から伝わってきたのではないでしょうか。

 

実は『名前』の撮影は2年前に行われたため、常に新しい現場に身を置く津田寛治さんにとっては、かなり昔の記憶を辿ってお話してくださっていたそう。それにしては、あまりにも打てば響く回答ばかりだったことを不思議に思っていたら、なんと津田さんはインタビューに合わせて、再度作品を観直してきたのだとか。

 

普通の暮らしを忘れず、若手からベテランまで、その現場に関わる人たちと一緒に作り上げていくことを楽しむ津田さんの姿勢に触れ、改めて俳優のすごさを思い知りました。

 

■『名前』概要

 

『名前』

配給:アルゴ・ピクチャーズ

6月30日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開

 

 

津田寛治  駒井蓮

勧修寺保都 松本穂香

内田理央 池田良 木嶋のりこ 金澤美穂

比嘉梨乃 真広佳奈 小槙まこ 戸畑心

柿本朱里 アベラヒデノブ 田山由起

竹下かおり 信國輝彦 松林慎司 稲荷卓央

波岡一喜 川瀬陽太 田村泰二郎 西山繭子

筒井真理子

 

監督:戸田彬弘 原案:道尾秀介 脚本:守口悠介 製作統括:井川楊枝 プロデューサー:前信介 企画協力:狩野善則

音楽:茂野雅道 撮影:根岸憲一  録音:鈴木健太郎 MA:吉方淳二

音響効果:國分玲 助監督:平波亘 制作担当:森田博之 スチール:北島元朗

主題歌:「光」DEN(谷本賢一郎×道尾秀介)

制作プロダクション:グラスゴー15

企画・制作:一般社団法人茨城南青年会議所

製作:MARCOT/GLASGOW15/チーズfilm/ムービー・アクト・プロジェクト

【2018/日本/カラー/5.1ch/114分】

 

 

公式サイト:https://namae-movie.com/

 

 

©2018映画「名前」製作委員会

 

関連キーワード
映画の関連記事
  • 周防正行監督待望の最新作『カツベン!』現場取材レポート!
  • 『ドント・ウォーリー』に宿るポートランド魂 ガス・ヴァン・サント監督来日レポート
  • 14年ぶりの来日!映画『パパは奮闘中!』ロマン・デュリスさんインタビュー
  • 観た人の心が軽くなるような映画を作りたい。『リアム16歳、はじめての学校』 カイル・ライドアウト監督インタビュー
おすすめの記事