1987年、韓国の軍事政権下で実際に起きた民主化闘争を描く『1987、ある闘いの真実』が、9月8日(土)より公開されます。このたびSWAMP(スワンプ)では、公開に先立ち来日されたチャン・ジュナン監督にインタビューを敢行。

 

監督自ら「アベンジャーズ級」と称するキャスティングの舞台裏から、カン・ドンウォンさんを大学生役に起用した理由、そしてパートナーである女優のムン・ソリさんと本作の関わりに至るまで、じっくりとお話を伺いました。

 

「アベンジャーズ級の俳優がそろった」という豪華俳優陣の共演

 

――監督は本作の完成披露試写の際に「アベンジャーズ級の俳優がそろった」とコメントされていましたよね。『1987、ある闘いの真実』(以下、『1987、~』)では、所長役のキム・ユンソクさんのみならず、民主運動家を演じたソル・ギョングさんや、検事役のハ・ジョンウさん、看守役のユ・ヘジンさん、刑事役のパク・ヒスンさん、そして大学生役を務めたカン・ドンウォンさんとキム・テリさんなど、異なる立場でそれぞれが主役級の役割を果たしているとも言えます。

 

チャン・ジュナン監督(以下、監督):脚本の初稿を読んだ時、私もその部分に一番魅力を感じました。1987年の韓国はチョン・ドゥファン大統領による独裁政権下におかれていましたが、歴史上から見ても民主主義においても、「大統領の直接選挙の実施」という非常に大きな足跡を残した年であるといえます。1987年という時代を生きた多くの人々が、奇跡的な出来事を成し遂げたわけですよね。だからこそ私は、「登場人物全員が主人公であるかのような映画」を撮りたいと考えたのです。

 

通常の映画は、1人あるいは2人の主人公がいて、観客に感情移入をさせ、クライマックスがあり最終的にカタルシスを与えるといった構造であることがほとんどですよね。ですがこの『1987、~』という映画においては、ある1人の非常に強い敵対者を設定し、それに対して多くの主人公が立ち向かっては崩れる、という形でリレーしながら物語を紡いでいく構造になっています。それぞれが自分の役割をきちんと果たして、次のキャラクターにバトンをつなげていかなければいけないのです。

 

 

最終的には広場に出てきたすべての市民が主人公になる、そんな映画を作りたいと思いました。そういった意味で、キム・ユンソクさんが演じてくれたパク所長のキャラクターは非常に重要でした。パク所長のキャラクターを「辛い歴史を背負った立体的な怖ろしい人物」にしなければいけないと考えたんです。そうなってこそ、物語に観客が惹き込まれて最後まで映画を観ることができると思ったからです。それぞれがバランスよく役割を果たせた時、テーマとプロットの全てが上手くかみ合い「1987年という時空間を完成させることが出来る」と感じた私は、それを実現させるために非常に多くの労力を注ぎ込みました。

 

つまり、あらゆる人たちが自分の置かれた立場の中で、最低限の良心を守り抜いた時、それが大きな力になる。そしてその力が、歴史をどのように変えていくのか、ということをこの作品を通じて描きたかったんです。そうすることで、人間という「社会的動物」が持っている美しさを見せることが出来ると考えました。

 

 

――この映画においては、実在の事件が基になっているということもあり、モデルとなった人物と外見が似ていて、さらにこれだけのキャストがそろうということは奇跡に近いと感じます。監督は映画を成功させる上で、キャスティングがかなり重要なウェイトを占めるとお考えですか?

 

監督:そうですね。私にとってキャスティングは常に大事なんですが、特にこの『1987、~』の場合はいつも以上に重要であり、多くの時間を注ぎました。この映画には数多くのキャラクターが登場します。それぞれのキャラクターが自分たちの役割を鮮明にこなすことで、観客が十分にストーリーを楽しみつつ、なおかつ緊張感を保ちながら映画に付いてきてくれるわけです。有名な俳優にも数多く出演してもらっていますが、その中にまだあまり知られていない俳優も適度にミックスさせる方が、より一層リアルな印象を浮かび上がらせることが出来ると考えました。そのため、新人の発掘にも多くの時間を割いたのです。

 

『1987、~』は歴史に基づいているため、議論を呼ぶような人物、つまり功罪があるキャラクターの造形については、どうすればストーリーを伝えながら事実もきちんと伝えることができるのか、非常に悩みながら注意深く作業を行っていきました。

 

 

事実を損なうことなく、映画的なキャラクターを生み出していくにあたり、あえて登場人物を減らしていった部分もあります。たとえば刑務所の看守の役割も、本来であれば2人の人物がやっていた仕事を、1人のキャラクターに集約しました。また実際には数名の新聞記者が努力して成し遂げたことを、1人に代表させたりもしています。

 

――とはいえ、この映画の企画が立ち上がった当時はパク・クネ政権下にあり、キャスティングがとても難航したそうですね。

 

監督:そうなんです。実は、誰よりも早くこの作品への出演を意志表明してくれたのが、民主化運動に参加する大学生を演じてくれたカン・ドンウォンさんだったんです。ドンウォンさんとは『カメリア』(2010年)というオムニバス映画で一緒に仕事をした縁で、年に何度か一緒にお酒を飲みながら近況報告をする間柄でした。私がお酒を飲みながら本作の構想をドンウォンさんに話したところ、彼が関心を示して「シナリオが完成したらぜひ見せて下さい」と言ってくれたんです。

 

この映画は政治的に非常にセンシティブな題材なので、大スターが演じるのは難しいのではないかと感じていました。ですが、キャスティング稿が出来たときに「カッコイイ大学生という役があるので、よかったら読んでみてください」とお伝えしたところ、しばらくしてから連絡が来たんです。「『1987、~』は、絶対に作らなければいけない非常に重要な映画だと思います。もし迷惑でなければ、ぜひやらせていただきたい」と。それを聞いて私はとても驚きました。その当時は、とてもオファーを受け入れてもらえるような状況ではなかったのですが、ドンウォンさんのお陰で力を得て、なんとかスタートを切ることが出来たのです。いま考えても、本当にありがたい後輩であり、俳優であると思っています。

 

――カン・ドンウォンさんが大学生役を演じることに、不安はなかったのでしょうか。

 

監督:それについては議論にもなったのですが、実際のところ全く問題ありませんでした。

 

――確かに素晴らしかったです。迫真の演技に胸を打たれました。とても30代半ばとは思えませんでした!

 

監督:その言葉、彼に伝えておきますね(笑)。

 

――キム・テリさんを起用されたきっかけは?

 

 

監督:『お嬢さん』(2016年)を観て「新人なのに素晴らしい演技をする女優さんだな」と非常に驚きました。キム・テリさんを目にしたときから「ヨニという女性は、おそらく彼女のような姿ではないか」と感じていたのですが、実際に会って「やっぱりヨニにピッタリだ!」と確信したわけです。ヨニは非常に複雑な役柄であったにもかかわらず、キム・テリさんはとても上手く演じてくれました。彼女にも非常に感謝しています。

 

 

■次ページ:ムン・ソリさんの本作への関わり方とは?

 

おすすめの記事