『図書館戦争』など数多くの映画化作品を持つ人気小説家の有川浩さんが、「一生に一本しか書けない物語」と自ら称するほど思い入れのある『旅猫リポート』。『植物図鑑  運命の恋、ひろいました』に続いて三木康一郎監督がメガホンを取り、有川さんが脚本にも参加した映画版が、いよいよ10月26日(金)より全国公開されます。

 

ほぼ全編にわたって猫目線で展開されるため実写化は困難とされてきましたが、「天才猫」の出現と福士蒼汰さん扮する主人公・悟とのコンビネーションにより、原作の世界観が見事に再現されています。このたびSWAMP(スワンプ)では、完成披露イベントを目前に控えた三木康一郎監督を直撃。「猫の気持ちに成りきって撮った」という三木監督に、撮影秘話を伺いました。「天才猫」と福士さんの名演技を思い浮かべながら、ぜひ最後までお楽しみください!

 

原作からロケ地がかわった理由ーー猫中心の撮影現場

 

――三木監督といえばサングラスのイメージがありましたが、本日は丸眼鏡なんですね!

 

三木監督(以下、三木):そういえば撮影の時、夜もずっとサングラスで思わず「暗えよ!」って怒鳴ったら、スタッフみんなが心の中で「(サングラスを)はずせよ」って思っていた、と言われたことが何度かある(笑)。

 

――三木監督の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』のヒロイン・さやかを演じた高畑充希さんが、今回は猫のナナの声を担当されていますね。

 

三木:『植物図鑑~』でもご一緒した原作者の有川浩さん含め、「ナナは充希ちゃんがいいんじゃないか」という雰囲気になっていたんです。

 

――ナナは男の子ですが、「もはや高畑さん以外には考えられない」という程ハマり役でした。

 

三木:「そもそも猫に声をあてるという行為がいいのか悪いのか」「あてるとしたら、どういう風にあてればいいのか」について、かなり悩みました。充希の声を録る前に、僕の声で仮に入れてみたんですけれど、「なんかしっくりこねぇなぁ」と感じていて(笑)。でも彼女でやってみたら意外とすんなりいけたので、「あ、やっぱりこれで正しかったんだ」と思えたんです。

 

――猫が登場する映画はこれまでにも沢山ありますが、ここまで猫目線の映画というのも珍しいですね。 

 

三木:基本的に猫の主観で撮っていて、観客が猫の気持ちになれるような撮影方法にしているから。撮影当初からその方向でやっていこうとしていたんですけれど、「猫目線ってなんだ?」「猫の回想って、どうやって見せるんだ?」って相当悩みましたね。

 

――あはは(笑)。

 

三木:とはいえ、現場では「ナナがどう見ていて、どう思っているのか」が常に最優先でした。

 

――冒頭、ナナがある事故にあうシーンが描かれていて、とても衝撃的でした。

 

三木:実はあのシーンは、もう少しライトにしようかと思っていたんですが、やっぱり観ている人を「ドキッ」とさせることでナナに感情移入して欲しかったんです。

 

――完全にあの場面で気持ちを持っていかれました。ちなみに、ほぼ原作のストーリーが忠実に再現される中で、ロケ地が北海道から九州に変更になった理由とは?

 

三木:猫は寒いところが苦手だから、北海道ロケだと可哀そうでしょ? あと、猫は寒いところが苦手だから演技が出来なくなると、アニマルトレーナーさんがおっしゃっていたんです。

 

――本当に何から何まで、猫中心の現場だったんですね。

 

三木:そうですよ。何をやるにもまず猫が最優先の現場でした。

 

――まさに「猫様様」ですね。「いったいどうやって撮ったんだろう?」というシーンばかりなのに、気付いたら物語の中に完全に入り込んでしまうので、観終わったあとには「いやぁ、これ本当に猫が演じているのかな」と、どこか半信半疑になるほどでした。

 

三木:そうですね。

 

――全然あざとくないのに、これほど泣けるってすごいですよね。

 

三木:確かに今回のお話をいただいた段階で、「泣けるポイント」をあえて強調することはやめようと思ったんですね。最初に原作を読んで、僕は悟の少年時代のエピソードだけで号泣してしまったんです。ストーリーにそれだけの力があるならば、映画でそれを誇張するよりも、そぎ落とした方がフラットに観られるんじゃないかと思ったんですよ。なので今回は「日常のように淡々と映す」という手法を採用しました。

 

 

■次ページ:「悟は決して可哀そうではなくて、幸せな日々を送っている人」

 

関連キーワード
映画の関連記事
  • 「最低で最高な夢」が見られて、本当に幸せだったんですーー『止められるか、俺たちを』井浦新さんインタビュー
  • 強くて深いマジカルなそれぞれの愛ーー『いろとりどりの親子』レイチェル・ドレッツィン監督インタビュー
  • 自分こそ普通だと思っている人ほど、実際にはぶっ飛んでいたりもするーー『生きてるだけで、愛。』関根光才監督インタビュー
  • 太陽の塔とは何なのか? 長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔』で語られるアートの輝き
おすすめの記事