2012年に逝去した若松孝二監督が代表を務めていた若松プロダクションが、6年ぶりに再始動して製作した記念すべき1本目の映画『止められるか、俺たちを』が、10月13日(土)から全国公開中です。

 

本作は1969年、若松プロダクションの門を叩いた少女・吉積めぐみさんの目を通し、若松孝二監督を始めとする映画人たちが駆け抜けた時代を描く青春映画。門脇麦さんが主人公となる助監督の吉積めぐみさんに扮し、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』や『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』など、数々の若松監督作品に出演してきた井浦新さんが、若き日の若松孝二監督役を務めています。

 

このたびSWAMP(スワンプ)では、先日掲載したスタッフ座談会に続き、若松監督を演じた井浦新さんにインタビューを行いました。座談会での話題を受けて、井浦さんも若松プロを知る俳優の視点から、撮影秘話の数々を明かしてくださいました。ぜひ最後までお楽しみくたさい!

 

「若松孝二役を演じるということが、どんなに苦しいものなのか。あんたたちも味わってくれ!」

 

――先日、白石監督と、撮影の辻さん、照明の大久保さん、プロデューサーの大日方さんにお集まりいただいて本作のスタッフ座談会を開催したんです。実は照明の大久保さんとは、大学時代の映画研究会の同期という縁がありまして……。

 

井浦新(以下、井浦):それは……、よかったんですか(笑)。

 

――卒業後はほとんど連絡を取ることもなかったのですが、この映画に導かれるように座談会が実現して、改めて映画が持つ不思議な力を感じたんです。

 

井浦:面白い座談会になったでしょうね。

 

――本当に予想をはるかに超える素晴らしい内容でした。もちろん、井浦さんのお話しも沢山出てきたのですが、白石監督が『止められるか、俺たちを』(以下『止め俺』)を企画する上で「若松孝二監督を演じることができるのは、新さん以外考えられなかった」とおっしゃっていて。井浦さんが発した若松監督の第一声は、考え抜いた末のものだったのでしょうか。

 

井浦:いや、突然ですよ。本当……何なんですかね。若松監督を演じるに至った経緯については、白石監督たちからもお聞きになったと思うんですが、僕からしてみれば「ありがとうございます! 嬉しいです」なんて絶対言えない話で。「本当、なんてことしてくれるんですか!」「なんて無茶ぶりするんですか!」みたいな感じです。お話を最初に聞いた時から「僕にしかできない」というのもわかっていましたし、ほかの人がやったら一生後悔するだろうし、断わるという選択肢は僕の中にはなかった。でも、とにかく皆にも一緒に苦しんで欲しかったので、オファーをいただいてから、しばらく音沙汰を無くしてみたんです。

 

――えぇ~!? 「新さん、どうなんだろう……?」っていう気持ちを味わってほしくて?

 

井浦:そうです(笑)。1カ月くらいまったく無反応なままでいて。

 

――そんなことがあったんですね!

 

井浦:それから「もうそろそろいいか」と思って「皆さんちょっと集まれる日あります?」って連絡をして。

 

――ちょっと、勿体ぶらせたと。

 

井浦:勿体ぶらせましたよ! でも、勿体ぶらせたというよりは、とにかく「皆にも一緒に苦しんでもらおう」という気持ちでした。

 

――やることは最初から決めていたわけですよね。

 

井浦:断る選択肢はないですから。「若松孝二役を演じるということが、どんなに苦しいものなのか。あんたたちも味わってくれ!」と言いながら、ある意味「快く」オファーを受けさせていただきました。

 

 

■次ページ:「この人生最大の困難を誰よりも僕が楽しんでやることが、若松孝二監督としてそこに居ることなんじゃないか」

 

関連キーワード
映画の関連記事
  • 『彼が愛したケーキ職人』イタイ・タミールさんに聞く 「日本でリメイク版を作るなら、お米がモチーフの映画になるのでは」
  • 走るシーンの真意とは? 味わい深きSABUワールドを深掘り!『jam』SABU監督インタビュー
  • メジャーとインディーズ、映画監督とユーチューバー 『ギャングース』入江悠監督インタビュー
  • 撮影で一番苦労したのは、やはりなんと言ってもロボオなんです 『ハード・コア』山下敦弘監督&荒川良々さんインタビュー
おすすめの記事