先日中村誠監督のインタビューをお届けした人形アニメーション『ちえりとチェリー』。本作の初日舞台挨拶が2月15日(金)にイオンシネマ シアタス調布にて行われ、中村誠監督と主人公・ちえり役を演じた高森奈津美さん、そして最後には併映される『チェブラーシカ 動物園へ行く』よりチェブラーシカも登場しました。作品に込められたさまざまな人の想いや、制作エピソードが語られた舞台挨拶の模様をレポートします!

 


 

 

各地のホールや公共施設で上映していく「スローシネマ」という形式で2016年に発表された本作が、このたび全国公開初日を迎えることに。本作制作のきっかけについて中村監督は「2010年に母が亡くなったとき、人の死というものは何だろうとすごく考えたんです。死んだ人はどうなるんだろうだとか、(残されて)生きている人はどんなことを考えていけばいいんだろうと作り始めた映画なんですが、制作開始直後に東日本大震災が起こり、そこからさらに深く、ものを作る人間はどういうことを考えていったらいいのだろうか? と思いながら作った映画です」と語られます。

 

 

ちえりの父親役の星野源さんをはじめ、キャスティングはある程度決め打ちをされていたという中村監督。「ちえりは映画の初めの方は、いわゆる良い子ではないのですが、その理由となる生来持っている悲しみみたいなものを高森さんの声に感じていたんです。段階を追って成長していく様も、高森さんならうまく表現してくれるだろうという信頼感があって、お願いしました」とのことで、高森さんには(過去作の出演経験を経て)「普通に演じて」とオーダーされたとのこと。

 

 

高森さんは「大人が子どもを演じるわけなので、一番難しいオーダーが来たと思いました。(一般的な)アニメのように絵の華やかさに助けられるタイプの作品ではなく、等身大の女の子を演じるうえで普通というのが一番難しいなと(苦笑)」とオーダーに対する率直な思いを吐露。そのエピソードを受けて「ごめんなさい(笑)」と9年越しに謝られる中村監督に、高森さんも思わず笑いが。

 

さらにアフレコ時のエピソードとして高森さんからは「私も2010年ごろから(本作の)お話を伺っていたので、9年という期間関わらせていただいていますね。実際にちえりを演じるまでに数年の時間があったので、外で走り回っている子供たちを見た時など、生活の中のふとした時にちえりのことを考えることが長かったんです」というお話も。

 

 

中村監督からは「(ちえりの)母親役の尾野真千子さんは生活に疲れているリアリティある役どころですし、(チェリー役の)星野さんはちえりと母親の間をとりもつような役になるので、訓練された声優さんでもなく俳優さんというわけでもない声がいいだろうと思ったんです。アフレコのときに(その声を聞いて)星野さんでよかったと思いましたね」と語られ、舞台挨拶に来れなかった星野さんからのビデオメッセージも披露されました。

 

 

全国上映のタイミングで高森さんは「アフレコが数年前にあって、そこからスローシネマで少しずつ上映されていった中で、全国上映という実感がわいていなかったんですが、(本作の)予告編を見た知り合いからすごく連絡をくださったんです。そのことが今年の1月くらいから増えてきて、それでやっと実感してきました。それだけ連絡をいただけたということは、本当にたくさんの方にこの作品が届くんだということなので、みなさんがどう感じてくださるのか感慨深いですし、ワクワクしています」と語られました。

 

 

そして『ちえりとチェリー』と併映される『チェブラーシカ 動物園へ行く』より、特別ゲストとしてチェブラーシカも登場(映画とはちがいビックサイズですが)。先日誕生日を迎えたばかりの高森さんに花束をサプライズプレゼント! 高森さんからは「チェブ先輩、恐縮です!」というコメントが(笑)。

 

 

イオンシネマ シアタス調布の通路には撮影に実際に使用されたちえりやチェリーたちの人形も展示されており、多くの観客の方が記念に写真を撮られていました。普段なかなか観る機会の少ない人形アニメーションですが、本作に描かれている等身大の優しさや少女の成長は、この時代に生きる多くの人に受け取ってほしい普遍性を持っています。ぜひ上映期間中、劇場でちえりたちの息吹を感じてみてください!

 

『ちえりとチェリー』概要

 

『ちえりとチェリー』

2月15日(金)より全国のイオンシネマにて2週間限定ロードショー!(一部劇場を除く)

 

キャスト(声の出演):高森奈津美、星野源、尾野真千子、栗田貫一、田中敦子、伊達みきお(サンドウィッチマン) 、富澤たけし(サンドウィッチマン)ほか

原作・監督:中村誠  脚本:島田満、中村誠 キャラクターデザイン:レオニード・シュワルツマン、伊部由起子 音楽:大谷幸 主題歌:Salyu「青空」(TOY’S FACTORY

製作:「ちえりとチェリー」製作委員会(フロンティアワークス、東映アニメーション、ギャガ) 配給:フロンティアワークス 配給協力:イオンエンターテイメント

 

 

公式サイト:http://www.chieriandcherry.com/

 

 

Ⓒ「ちえりとチェリー」製作委員会

 

関連キーワード
  • バーチャルイケメンが突如爆誕!Liam Nikuro(リアム・ニクロ)とは?
  • 『ちえりとチェリー』が全国公開! ちえり役・高森奈津美さんへの監督のオーダーとは?
  • 観た人の何かの糧になるようなものを作りたいーー『ちえりとチェリー』中村誠監督インタビュー
  • 筆を使って生命を描くということ――『大人のためのグリム童話』セバスチャン・ローデンバック監督インタビュー
おすすめの記事