皆さんごきげんよう、そして初めまして。新たに「SWAMPER」となりました、ライターの永田多加志と申します。以後、お見知りおきを。

 

一口に「SWAMPER」と言ってもタイプはさまざまですが、私の場合、アニメ・マンガ・ゲームに首までどっぷり浸かった、極めて解りやすいオタクであります。オタク歴イコールほぼ年齢で、どうして”ほぼ”なのかというと、さすがに生まれた瞬間からオタクだったわけでは無いからですね。

 

そんな私の記念すべき初仕事は、去る3月22日(木)から25日(日)にて、東京ビッグサイトで開催されました「AnimeJapan 2018」の振り返りレポートであります。私が参加したのは25日(日)のみでしたので、その日限定にはなりますが、目を引いたもの、面白いと感じたものを中心に、皆さんにお届けしてまいりましょう。

 

それでは、「AnimeJapan 2018」という名のSWAMPへ、レッツダイブ!

 

 

「ビッグサイトにアニメのすべてを詰め込みました!」

 

主催者サイドの自信を伺わせる放送が流れる館内。私はもちろん、訪れる人々の興奮も、いやが上にも高まろうというもの。我々を歓迎するように、バルーンのピカチュウやコナン君もこの笑顔です!

 

と、さっそく興味深いものが目に飛び込んで来ました。

 

 

優美なフォルムのスポーツカーを彩る、美しきヒロインたち。エムズファクトリーブースに展示されていた、クライマックスを迎えた人気アニメ『刀使ノ巫女』の痛車です。

 

こちらは福井県福井市にある松本商事株式会社が本イベントのため、「レクサスRC F」を豪華にペイントアップしたのだとか。飾られたタペストリーもちゃんとメインヒロイン6人分用意され、雰囲気を盛り上げています。

 

 

こちらは2017年に放送されたテレビアニメ『FRAME ARMS GIRL(フレームアームズガール)』のキャラクター・轟雷の10/1サイズフイギュアです。

 

……繰り返しますが10/1です。1/10ではありません。10倍スケールなのです!

 

FRAME ARMS GIRL』は、もともとコトブキヤより発売されている美少女型プラモデル「FAガールズ」シリーズが先にあり、アニメはそれをベースにした物語になっています。もちろん商品のプラモデルは手のひらに乗るサイズで、こちらは非売品ならではの特別仕様。等身大フィギュアは珍しくありませんが、拡大フィギュアとでも言うべき代物は、なかなかレアではないでしょうか。

 

 

ちなみに夕方にはスポーツ報知の号外が配られ、アニメ続編製作決定のお知らせが! 私も一ファンとして楽しみです。

 

 

 

せっかくのイベントだし、普段目にすることができない貴重な資料も見てみたいと思うもの。そんな希望を叶えてくれたのは、シャフトのブースです。

 

壁にずらりと立ち並ぶのは、キャラクターの全身画や原画の数々! 扱っているのはTVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』とスマートフォン向けアプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝』。ともにホットなタイトルです。展示物はプレスではない一般来場者も撮影可となっており、サービスが行き届いてました!

 

おすすめの記事